バイラルメディアとは?

 

バイラルメディアとは、twitterやfacebookなどのSNSでの拡散でアクセスを集めるサイトのこと。

バイラルとは「感染」という意味で、SNS上で感染的に広がることからバイラルメディアといわれている。

検索からのアクセスを目的にしたSEO対策よりも、SNSで短期間で爆発的なアクセスを集めている。

特徴としては、記事の上下に大きめのソーシャルボタンを設置しており、シェアしやすいレイアウトになっている。

またスマホでの閲覧に注力している。

バイラルメディアの発祥は、アメリカンのジョナ・ペラッティが2006年に開始した「BuzzFeed(バズフィード)」から始まったとされている。

2006年から始まったバイラルメディアですが、急成長したのは2013年から。

次々にバイラルメディアが誕生した。

日本でも次々とリリースされ、数え切れないほどのバイラルメディアが誕生。

比較的容易に制作できることから、企業から個人まで次々に参入している。

しかし、誕生したバイラルメディアのほとんどが数ヶ月で更新が止まっている状態になっている。

理由は、更新し続けなければいけない労力と、あまりにバイラルメディアが乱立し過ぎ、収益が上がらないことだと思われる。

また、バイラルメディアの特徴として、あるバイラルメディアが書いた記事をそのまま自社のバイラルメディアに転載するなどの行為が多く見られており、「メディア」とは呼べないのが実情。

これからは、より淘汰されていくと思われる。